お知らせ

平成28年度むさしの園カレッジ(西福第377号)は、中止となりました。事務局より

平成28年8月~開講予定でした、初任者研修は中止となりました。今年度は実施致しません。

初任者研修は“旧ヘルパー2級”になるものです。

130時間をたっ3三ヶ月で!
130時間をたっ3三ヶ月で!

むさしの園カレッジとは?

特別養護老人ホームを運営してる、社会福祉法人至福の会が行っている研修事業で、埼玉県から指定(西福第377号)を受けています。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)講座を行う“介護の研修”です。

8月~10月の期間ですが、実際は8,9月がメインで、10月は実習(2日間)と筆記試験しかないので、実質2ヶ月のコースです。

授業スタイルについて

むさしの園カレッジでは、講義・演習・実習の3つの授業スタイルがあります。

 

◆講 義◆

講義では、職務の理解、介護における尊厳の保持・自立支援や障がい、サービスの連携について学びます。

講義を行うのは、むさしの園職員のほか、大学で社会福祉学をご教授されている先生や市役所の高齢者支援課で長年キャリアを積まれている職員、福祉用具やリハビリテーションなどの分野において“現在も活躍している”講師が授業を行います。

 

◆演 習◆

演習では、実際に体験してみたり、使ったりして授業を行います。会場である、特別養護老人ホームむさしの園では演習に必要な物が用意されており、実際に介護の現場で使っているものを利用することができます。

 

◆実 習◆

実習は、むさしの園の“特別養護老人ホーム”と“デイサービスセンター”でそれぞれ一日ずつ実習を行います。実習は9:00~16:00(休憩1時間)で、実際にご入居者・利用者様と接することができます。

むさしの園カレッジ概要
(1)概要.pdf
PDFファイル 129.9 KB
学則
一読ください。
(15)学則.pdf
PDFファイル 160.7 KB